タイヤ

Tire

タイヤテスト実施のための機器を揃え、専門エンジニアがデータ測定実施をお手伝いします。


動的車両解析用タイヤモデルのためのタイヤデータ

「MAGIC FORMULA」タイプのモデル

主にMagicFormula 5.2 モデルの提供

 

  • MF5.2 use-mode 12
  • MF5.2 use-mode 14
  • Adams/Car、Vedyna、IPG/CarMakerなどのツールを使用して車両の挙動をシミュレートします。
  • 広範囲の横加速度における車両の横方向挙動を分析するのに役立ちます。
  • MTS Flat-Trac® III マシン (フラットベルト回転台)
  • 乗用車、スポーツカーおよびトラック用タイヤ

 

 

タイヤのデータ:快適性とノイズ

 

 - タイヤの機能モデル化に必要なデータ

- - F-Tire、SWIFT-Tire、CD-Tire、RMOD-KなどのNVH(振動・騒音・ハーシュネス)シミュレーションに使用

 

幾何学的シミュレーション

 - ベルトの質量

- ベルトの幅と平均半径

- トレッドの質量

- トレッドの幅と高さ

- 車輪の最大半径と最大幅

- タイヤとホイールの輪郭

 

静的測定

 - 応力ひずみ曲線

- 前後力変位曲線

- 横力変位曲線

- 平らな地面上で押し潰されたタイヤの接触面跡

 

挙動特性の測定

 - 横すべり角に対する横力

- 横すべり角に対するセルフアライニングトルク

- 前後変位量に対する前後力

 

快適性シミュレーション

 - ラグ通過試験 : 車軸における荷重(Fz)および前後力(Fx)の経時的変位

- 軸対称モーダル解析: 負荷のない空気充填したタイヤの固有振動数とモーダル減衰

 

均一性の測定

- 機械上での、乗用車用タイヤと軽トラック用タイヤの均一性の管理

- MONO CID LS マシン

- 測定可能パラメーター:

- 静的釣り合い (不平衡)

- ラジアルバリエーションとラテラルバリエーション (形状と力)

- コニシティの傾向

 

タイヤのモーダル モデル

 - 有限要素シミュレーション用:MSC ソフトウェアのAdams、Patran/Nastran

- ホイール中心部と接触面をのインターフェースを用いて、固有のモードを基にタイヤの力学的挙動を記述

- 停止中または走行中に選択されたタイヤの作用点

- 周波数帯域 0 ~ 200 Hz で使用できる質量、剛性、および減衰の行列が含まれるファイルの提供 (空洞なし、リム有り) 。

 

タイヤに関するその他のデータ

 

ステアリングプル特性に関するデータ

 - 微小な横すべり角周辺の横力とアライニングトルクおよび2つの進行方向におけるキャンバーの高精度測定

- Flat Trac® type MTS III マシン(定常状態のハブ)

- 測定または評価された力、トルク、硬度などのパラメータの提供。

 

タイヤのグリップ性能

On request.

 

転がり抵抗の測定

タイヤの測定

ミシュランエンジニアリング&サービスは、タイヤの転がり抵抗測定の豊富なテスト経験を有しています。

  • C1 : 乗用車用タイヤ
  • C2 : 小型トラック用タイヤ
  • C3 : トラック・バス用タイヤ

測定は、ISO 28580に準拠する条件下で行いますが、お客様が指定するその他の条件下で実施することも可能です。

 

欧州ラベリングの候補マシンのアライメント 

- ミシュラン エンジニアリング&サービスは、C1/C2およびC3の基準マシンを用いて、候補マシンの公式アライメントを提案します。